プライベート

豆知識・・・?

 

こんにちは、ニコハウスの名古屋です。

 

今日は、まさかの雪にビックリされた人も

多かったんじゃないでしょうか

 

 

私はといいますと、夜中の2時にココ(犬)に起こされて

少々寝不足気味であります。

 

ココ(犬)がいなくなったなと思ったら

DSC_1136

こたつの中で寝てました。

ほんっとに、ふざけた犬です。

 

 

ところで、ウチの事務所は保険の代理店登録をしていまして

火災保険など各所保険(損害保険)を取り扱っております。

 

 

そこで、今日はちょっと自動車保険の

お話をしよう思います。

 

おそらく、ほとんどの方が加入されてると思いますが

内容を把握されてる方は少ないと思います。

 

毎年、担当の方から電話が来て

 

「自動車保険の満期が来ましたのでご継続をと

思いまして連絡しました

同条件でのご継続でよろしいでしょうか?」

 

なんて連絡が来て

 

「そうですねっよろしくお願いします。」

 

「ありがとうございます」

 

なんて流れで

毎年、自動車保険の更新をしてる人は多いと思うんですが

 

私は自動車保険のシステムがあまり好きではなく、

保険を使えば保険料が上がるって、なに!!

等級ってなに!! 全員一律5万円とかに

できないの? 何て理不尽な保険だ!!

なんて思います。

 

 

その等級についてですが、

平成24年10月に制度の改定があったのは

ご存知でしょうか? (ご存知の方はスルーして下さい)

 

 

SKMBT_C224e15031116420_0001
(画像が見にくくてすみません)

 

事故あり等級と事故なし等級という二つの等級が

できました。

 

どういうことかと言いますと

事故を起こした人は事故有割増引率

事故がない人は事故無割増引率

という等級が割り当てられます。

 

 

つまり、事故を起こした人は、通常より高い割増率の

等級となるわけです。

 

わかりやすく言いますと

いままで保険料5万円だった人が更新時期が来て

等級が上がり4万8千円なるとします。

 

同じ人が事故を起こし保険を使い、やがて

更新時期が来て等級が下がり(保険を使ったから)

5万5千円になるとします。

 

ここまでが今までの流れです。

 

制度改定後は、事故を起こした人は

事故有割引率の等級が割り当てられ、

 

更新時の保険料が6万円になるということです。

※数字はあくまで例えですので、注意。

 

しかも、割高の等級を3年引継ぎ4年後にやっと

元の等級に戻るというシステムです。

 

ということは、ますます自動車保険が

使いにくくなったということになります。

 

昨今の事故の多さがこのような事態を招いたようです。

 

自動車保険も時々見直しをした方が

いいと私は思います。

年齢条件、重なった保障や特約など

新しく付帯した方がいい特約など

 

くわしくは、担当の保険代理店もしくは車屋さんなどへ。

 

 

それでは、くれぐれも自動車事故には注意して下さい。

 

 

名古屋

PAGE TOP